2.png

人の海洋散骨
Marine ​Scattering

​故人様をあえてお墓に入れず、自然に還すという選択をする海洋散骨。ご供養や墓じまいなどのご遺骨に関するお悩みや、海が大好きだった故人様を海に還す、など様々なご要望にお応えしています。

​ご依頼の流れ

​①お問い合わせ

​②ご相談、お見積り

​③お申込み、お支払い

​④ご遺骨の郵送、必要書類の提出

​⑤​粉骨(ご遺骨の粉末化)

​⑥海洋散骨当日

お申込みフォーム、Eメール、LINE、Instagramなどからお問合せください。ご希望のお日にちなどお決まりの場合は、合わせてお知らせ下さい。

海洋散骨ディレクターより、ご希望のプラン・時期・散骨の海域などをお伺いし、お見積り金額を提示いたします。

​プランとお見積り金額にご納得いただけましたら、正式なお申込みとなります。期日までに料金を銀行振込、クレジットカード決済またはPaypal決済にてお支払い頂きます。

  • ご遺骨の郵送

ゆうパックにて弊社までお送りいただきます。梱包方法はこちらをご参照下さい。​貸切プラン・合同プランの場合のみ、ご訪問によるご遺骨の預かりを承ります。(オプション扱い、有料)

  • 必要書類

埋葬証明書のコピー

​ご遺影のデータ

海洋散骨への同意書兼委託書

海洋散骨に適切な、2mm以下のパウダー状に粉骨し、水溶性の紙袋にお包みします。

当日は指定の乗船場所にお集まりいただき出港し、海洋散骨ディレクターと共に海上からお見送りいただきます。
代行散骨の場合は、ご家族の代わりに、Yokohama Ocean Ashesのスタッフが責任をもってお見送りさせていただきます。

​プランの種類

​東京湾のプラン

BG2.png

船を貸し切りにして、散骨をおこないます。

ご家族や親しい友人だけで最後のお別れができます。船上BBQでのご会食も可能です。

複数のご家族で乗合をし、海洋散骨を実施します。

少人数や、リーズナブルな散骨をご希望の方におすすめです。

相模湾のプラン

corner1.png
eboshi_edited.jpg

SUPで散骨ポイントまで向かい、セレモニーをおこないます。一味違ったスタイルで、お別れの時間を過ごせます。

​様々なご事情で、乗船をしての散骨が難しい方向けにYokohama Ocean Ashesが代理で散骨をいたします。当日の散骨の様子はライブや録画で共有します。

corner3.png
monstera2.png
monstera.png

​ご遺骨の運送について

​全てのプランにおいて、ご遺骨は郵送での事前送付をお願いしています。

遺骨の郵送は違法ではなく、宅配業者に依頼して郵送し、供養する一連の流れは「送骨」と呼ばれています。

​業者と料金の目安

日本国内でご遺骨を郵送できる宅配業者は日本郵便のみです。「ゆうパック」にてご送付ください。郵送料金は、重さ・サイズ・距離などによって変動します。(例:東京~大阪/25kg以下✖3辺合計140cmのご遺骨を郵送する場合の運賃は1,950円です。)

​詳しくはコチラ(日本郵政のWEBサイトへ遷移します。)をご確認下さい。


​梱包時は、ご遺骨はこぼれないようにすることと、骨壺がわれないようにすることがポイントです。ご遺骨の入った骨壺をそのまま郵送用の箱に詰めて送付すると、骨壺の蓋が開いて遺骨がこぼれたり、郵送の際の衝撃で骨壺が割れてしまう可能性があります。遺骨の梱包は丁寧に行いましょう。

​梱包のポイント

  • 骨壺の蓋をガムテープや食品用ラップなどで固定する。※骨壺の蓋は上に持ち上げれば簡単に開く仕組みの物と回さないと蓋が外れないロック式の物があります。特にロック式でない方は厳重にガムテープなどで蓋が開かないようにしましょう。

  • 蓋を固定した骨壺をビニール袋に入れる。

  • 郵送用の箱には、緩衝材を入れる。
    ※新聞や気泡緩衝材だけでもいいですが、水を吸うようにタオルなどを入れておくと良いでしょう。
    下にタオルを敷き、骨壺の周囲を新聞などでしっかりと囲んで固定すれば、遺骨がこぼれる心配もありません。

  • ゆうパックの送り状、品名の欄に「遺骨」と記入する。

  • ​ご遺骨の郵送に必要なアイテムの販売をしている業者もあります。( 例:​遺骨郵送キット )

 

​骨壺の処分について

​骨壺の素材がセラミックやガラス、石膏などの割れ物で梱包がお手間となってしまう場合、ご遺骨を袋に移し替えての郵送もおすすめいたします。

骨壺は、お皿などの陶器とともに一般廃棄物「燃えないゴミ」として破棄が可能です。

小さな骨壺であればそのままゴミ袋に入れての破棄、高さ20cm以上の骨壺は細かく粉砕した上での破棄をおすすめします。

粉砕の手順

骨壺に故人名が書いてある場合は、個人が特定できないよう名前・日付をマジックペンで黒塗りします。骨壺を新聞紙で包んだ後、厚手の袋に入れます。軍手・保護メガネを着用し、タオルをあててハンマーで叩いて粉砕します。

​ご遺骨関連のオプション

<粉骨の乾燥>

墓じまいされたお骨は粉骨化にあたり乾燥が必要となります。乾燥オプションをご選択ください。 別途 ¥5,500(税込¥6,050)

 

<訪問によるご遺骨引き取り>

ご訪問によるご遺骨の預かりを承ります。

※対応範囲は関東近郊、費用はお住まいの地域に合わせてお見積りいたします。